研修会報告

ホーム < » 混合歯列期を中心とした不正咬合の治療法

混合歯列期を中心とした不正咬合の治療法

2015年03月02日

26年10月4日(土)17時より長崎県保険医協会主催により、岡山市で矯正歯科を開業され、日本矯正歯科学会指導医である神野時有先生の講演会に参加しました。

Dr.Robert M. Ricketts が考案した Bioprogressive法を用いた矯正治療の話で、混合歯列期にも用いることができ、これまで多くの症例で小臼歯の抜歯による治療が必要であったものが、70~75%の症例で非抜歯での治療が可能になるということでした。

こどものむし歯は減少傾向にありますが、様々な歯列不正を呈するこどもは依然多く、今後の日常臨床に大いに役立つ講演会となりました。

 IMG_2070IMG_2075

治療法の紹介

一般歯科 歯周病 予防歯科・PMTC 小児歯科・バイオブロック療法
審美歯科、ホワイトニング かみ合わせ 訪問診療 その他の診療

お問合せについて

お気軽に当クリニックへご相談ください。

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話ください。

TEL:095-839-8742
ご予約・お問合せについて
※土曜日午後は研修等で休診する場合があります [休診日]日・祝日
平日受付 18:30まで 〇・・・ 16:00まで
PAGETOP