かみ合わせ

ホーム < かみ合わせ

かみ合わせ

咬合治療とは咬合状態の維持を図るためになされる全てを含める治療行為を意味します。
簡単に言うと、噛み合わせの治療を行うことを言います。
治療を受けられる方が若い方(未成年)であれば、健やかな身体的精神的発育を十分に果たすことができるように。
成熟期の方ならば、咬合の維持・保全を図り、高齢者の方であれば咬合の維持・崩壊防止を図るための治療を行います。

噛み合わせが悪いと起こる身体の異常(肩こり、めまい、イライラなど)の不定愁訴や
改善されない腰痛、頭痛、膝痛や難病。

噛み合わせが悪い方は虫歯になりやすくなります。
歯の汚れは、歯と歯がぶつかったり、食べ物をよく噛んだりすることによって落ちたり、付きにくくなったりします。

噛み合わせが悪いと歯が当たる部分が少なくなり、自然に汚れが落ちないため、虫歯になってしまいます。噛み合わせが悪いと噛んでいる歯だけに負担がかかるために歯周病になります。

30歳を過ぎると体の抵抗力が下がり、歯周病のリスクが高くなります。噛み合わせが悪い方は噛んでいる歯に強い力がかかり、歯周病が進行しやすくなります。

顎関節症は噛み合わせがいい方にも起こりますが、噛み合わせが悪い方は悪化しやすい傾向にあります。噛み合わせが悪い方は噛んだ時に安定しないために、顎の関節に負担が多くかかります。噛み合わせで支えている部分が少ないために歯の磨り減りや歯科治療の少しの変化で顎に負担がかかり顎の症状が出てしまいます。

噛む筋肉の側頭筋(そくとうきん)は顎の関節から頭の横につながる筋肉です。噛み合わせが悪いことによって側頭筋が緊張し、頭痛となって現れることがあります。

咬合治療は噛み合わせのズレに注目し、噛み合わせを正しくすることで、病気を改善していきます。

やまぐち歯科では、噛み合わせ治療を行う前に、原因をしっかり把握し、納得のいく説明を行った上に治療を行いますので、
噛み合わせが気になる方は安心してご相談下さい。

くいしばり

運動で瞬間的に力を出す時や重いものを持つ時など歯をくいしばりますが、不必要に絶えずくいしばりをすると、歯ぎしりと同様に歯やあごに負担をかけてしまいます。 何かに集中している時に、ふと気付いたらくいしばっていたということが度々あれば気をつけて下さい。 有意識の状態のことなので、意識して注意しましょう

治療法の紹介

一般歯科 歯周病 予防歯科・PMTC 小児歯科・バイオブロック療法
審美歯科、ホワイトニング かみ合わせ 訪問診療 その他の診療

お問合せについて

お気軽に当クリニックへご相談ください。

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話ください。

TEL:095-839-8742
ご予約・お問合せについて
※土曜日午後は研修等で休診する場合があります [休診日]日・祝日
平日受付 18:30まで 〇・・・ 16:00まで
PAGETOP