歯周病

ホーム < 歯周病

歯周病

歯周病は、歯と歯肉(歯茎)の境目(歯肉溝)をきちんと綺麗にできていない場合、そこに多くの細菌がたまり起きる病変で、
以前は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれておりました。

症状が進行(虫歯のように痛みはなし)しますと、歯茎の腫れ口臭がひどくなる、歯のぐらつきなどの症状が出てきます。
また、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます。レーザー治療だけでは、完全に歯周病が治ることはありません。

縁上歯石(見えている所の歯石)ばかり他院ではとっていますが、それだけではだめです。精密検査をしてその数値に合わせた治療が必要になってきますので、縁下歯石(見えない歯石、歯と歯茎の間の歯石)をとらないといけないです。その後再度再検査を行い、基準値よりも悪いならもう一歩踏み込んだ治療が必要になってきます。それが歯周外科歯周組織再生療法などがあります。

歯周病は歯石をとれば治るわけではないのです。咬み合わせもコントロールしてあげないと治りません。歯石除去咬み合わせのコントロールのこの2点での治療が必要です。
 

 

顕微鏡を使った歯周内科治療

薬で治す新しい歯周病治療=歯周内科治療の治療方法
 
この治療方法には4つの大きなポイントがあります。
【1】位相差顕微鏡での菌の確認
【2】細菌の除去薬剤の内服
【3】カビとり歯磨き剤での歯磨き
【4】除菌後の歯石とり
 

  • 位相差顕微鏡での菌の確認
  • 細菌の除去薬剤の内服
  • カビとり歯磨き剤での歯磨き

 

特に【1】は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の中の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。位相差顕微鏡で確認しないと、 お薬の選択ができないのです。
 

【 ぺリオバスターNの使用方法 】

朝・昼・晩の3回、4プッシュ(2cc)1週間歯磨きをしてください。
 
1.ぺリオバスターを4プッシュ(2cc)口の中に入れる。
2.30秒ほどクチュクチュさせながら、口全体に行き渡らせる。
3.歯ブラシで全体を5分間程度みがく。
4.位相差顕微鏡で菌数確認後、1週間後からは、朝・昼・晩の3回、1cc(2プッシュ)で同様にみがく。
 
・ぺリオバスターを使用する場合は、新しい歯ブラシをご使用下さい。また最初の1週間で新しい歯ブラシに替えて下さい。
・ぺリオバスターは天然成分のため、時間がたつと変色し味が苦くなることがあります。しかし、効果には何の問題もありません。
・保管は直射日光をさけて下さい。
・口腔内不快感や口臭が気になる時には1プッシュしてクチュクチュすると不快感や口臭が軽減します。
(もともと口臭予防剤として開発されたものです。)
・天然成分加工食品なので、飲み込んでも問題はありません。

治療法の紹介

一般歯科 歯周病 予防歯科・PMTC 小児歯科・バイオブロック療法
審美歯科、ホワイトニング かみ合わせ 訪問診療 その他の診療

お問合せについて

お気軽に当クリニックへご相談ください。

ご予約・お問い合わせはお気軽にお電話ください。

TEL:095-839-8742
ご予約・お問合せについて
※土曜日午後は研修等で休診する場合があります [休診日]日・祝日
平日受付 18:30まで 〇・・・ 16:00まで
PAGETOP