MENU
子どものむし歯の治療と予防・かみ合わせの改善
日々の予防とメンテナンスでいつまでも美味しい食事を

私が受けたい、家族にできる治療を

求人のご案内はこちら

【やまぐち歯科クリニック】長崎市東長崎の歯科医院

TOPICS

9:00~12:00 - -
14:00~18:00 - -
  • 【月~金】:17:30受付終了18:00まで
  • 【木】:休診 ※祝日がある週は12:00まで診療
  • 【土】:16:30受付終了17:00まで
  • ※日曜、祝日休診

tel:095-839-8742

Greeting

院長挨拶

院長写真

やまぐち歯科のホームページを御覧いただき、有難うございます。
私たちとの出会いで、皆様の生活がより充実したものとなり、その喜びを共感できることを目標に、日々、努力してまいります。
常日頃より、当院をかかりつけの歯科として足を運んでいただいている皆様には当院並びに歯科医療について、さらにご理解を深めていただき、満足度の向上につながることを望んでおります。
何か、お気づきのことや疑問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。
スタッフ一同、皆様が「来てよかった!」と喜んでもらえるクリニック作りを目指して、お待ちしております。

院長

Features

当院が目指す年代別お口の健康管理のこだわり

01子どもの成長に合わせた歯科治療

出生前

出生前

妊娠中はホルモンバランスの変動からむし歯等になりやすく、赤ちゃんもむし歯になるリスクも高まります。お口から菌が体内に入り込んでしまうと、早産や低体重児出産を引き起こす可能性がありますので、歯科検診を受けましょう。

出生後からの小児歯科

乳幼児期

乳幼児期

赤ちゃんは生後半年頃から下の前歯が生えてくるので歯医者さんに行く時期の目安になります。むし歯菌であるミュータンス菌が感染し定着する時期は、生後1歳半〜2歳半までの1年間の時期にむし歯菌を口内に住まわせない環境を作ることが大切です。

小児期

小児期

この時期は正しい生活習慣を身に付けることが大切です。早寝早起き、よく運動し、しっかりと良く噛んでお口や歯ならびを育てていきましょう。歯ならびや噛み合わせのチェックをし、早期の咬合誘導や歯列育成をお勧めします。

02成長期から大人の歯科治療

思春期(12~18歳)

思春期(12~18歳)

親の手から離れ生活習慣も不規則になりやすい時期です。歯磨き等生活習慣に気をつけないと歯のトラブルが多く発生します。思春期性歯肉炎の発生率が多く、きれいに歯を磨いても起こり得る歯肉炎で、歯ぐきから出血したりする歯周病です。

成人期(18歳~60歳)

この時期から歯周病には要注意です。痛みもなく進行し始め、ケアを十分にしなかったために歳をとり歯を失ってしまうこともあります。日々歯のぐらつきや出血などをよく観察し、定期検診に通われることをお勧めします。

成人期(18歳~60歳)

老年期(60歳〜)

老年期(60歳〜)

歳を経るにつれ口腔内は不衛生な環境になりやすくなり、歯ぐきが下がってくるので歯の根元が出てきてむし歯のリスクも高まります。歯が抜けてしまい入れ歯を使っている人も多いでしょう。いつまでも美味しく食事が取れるよう、お口の健康を心がけましょう。

03安心してご来院いただけるために

わかりやすい説明を心がけます

わかりやすい説明を心がけます

口腔内写真・レントゲン画像はモニターに映してお見せしています。適切な情報とご提案を心がけています。
何かお困りのことがございましたら、小さなことでも何なりとご相談くださいませ。

清潔な院内と感染防止対策

使用する器具は、高温の高圧蒸気にてほぼ全てのウイルスを死滅させるオートクレーブの使用や、細かい器具内部まで滅菌できる器械を使用しています。常に衛生的な医院であるように様々な取り組みを行っております。

清潔な院内と感染防止対策